2014年6月23日月曜日

好きな野球ができること

「ルーズヴェルト・ゲーム」終わっちゃった。あ〜あ、なんである。
(※以下、まだこれから録画でドラマを観ようとしている方は注意。以下の記述にはあらすじや結末が含まれています)
筆者は小説をすでに読了していたわけで、結末は分っていたものの、やはり面白かった。青島製作所が城戸エステートで再生するサプライズの話も知っていた。でも先週の放送分....。普段クールで冷徹な笹井専務が、実は社のために敵陣にもぐり込んで情報収集し、株式公開後の新社長の座を蹴って、青島に骨を埋める、私は細川社長に付いて行くという長ゼリフの逆転の鮮やかなシーンには参った。このドラマで初めて江口洋介がカッコイイと思いオトコなのにチューしたくなった。しかし、どうせなら森高千里のほうが良いに決まっているが(^-^)

今日の最終回。いやドラマではなく、劇中の特別ルールの最終回であった15回裏8:7の1点逆転優位で迎えた青島の守りでのシーンのことである。以下、野球をかじっている方なら同じ思いをしたのではないか?
一死走者3塁でスクイズの場面。沖原は見事に変化球でスクイズを外し、バントの打球はキャッチャーへのファウルフライとなった。捕手は必死のダイビングキャッチでツーアウト。捕手は「捕ったぞー」と言わんばかりに笑みを浮かべて場内は盛り上がる。次はいよいよ最終打者を迎える....。ちょっと待ってくれ。筆者のココロはそのときグランドにいたんである、TVを通して。捕手がフライを捕った瞬間私は思わずTV画面に叫んでいた。
「バカ!3塁へ送球しろっ」
スクイズならば3塁走者は本塁近くまで接近していたに違いない。しかしファウルフライと分った瞬間走者は慌てて塁へ戻っていったはず。仮に走者が3塁近くまで戻って安全圏にいたとしても、捕手はファウルを捕球後、すぐに3塁走者を刺すために3塁へ送球せねばならない....。まあ、ドラマだからいいんだけれどね(^-^) いやしかし、野球もさることながら、これとリンクしながら企業の存亡をかけた権謀術数や勧善懲悪的人間ドラマも良かった。池井戸潤の真骨頂である。

おいおい、それはともかく社会人野球ではなく少年野球なのだ。
土曜は子供会大会2回戦、これまた常勝名門サンダース相手の闘いなんであった。ウルフやサンダースなどの常勝チームはここ数年、上部大会に進出し、更に県大会や全国大会などの、「常勝」ではないチームには想像も及ばぬ風景を見てきているのだ。低学年といえど、そのDNAは連錦として植え付けられているに違いない。しかし、高学年ならばともかく、低学年にとっては目の前のボールを追いかけることだけで精一杯。相手が強豪だろうと常勝だろうと「ひるむ」感覚なんてない。つまり怖れを知らぬわけで。そこが低学年の面白いところだ。転じてザックJAPANもコロンビア相手にひるむことはない。ひるんだ瞬間試合前にすでに負けている。気概を持って無になって前へ突き進んで欲しい。

S軍マウンドはAokiくん、FはYuutaの投げ合いでプレイボール。
我が軍のYuutaに関しては試合後、筆者はいろんな方面の人から称賛と期待の言葉をもらった。

サンダース愛には誰にも負けないと自負する、普段AのスコアラーをやっているTsudaさんがベンチ後ろで楽しそうに子らを見守っていた。氏も子どもが卒業したあともチームに残ったコーチの一人である。公人なのでいくらでも写真公開しちゃうのだ。ただ勝手に奥様の写真を公開はしない。私がそれをやったらきっと、Tsudaさんは奥様の責め苦でしばらく地獄を彷徨うことになるだろうから。
対して我がF軍はAチームのメンバーが学校で練習の予定のところ、急遽応援に駆けつけた。ベンチ後ろでは普段小さい子らに応援してもらっている恩返しとばかりに、声援にも熱が入る。Tomiokaコーチの指導の賜物でもある。

経過は省略しちゃう。
結果は省略しちゃわない。
5:1のフレンズの負けであった。筆者はスコアラーをOhmori父に任せてカメラマンになり、第四公園スタジアムを徘徊した。あとからスコアブックを見ながらこれを書いている。なんとまあ、内容はFはたった1得点ながら6安打与四死球1。Sの5得点はほとんどがFのエラーや補逸がらみで、安打数は2本。自責点は筆者のオリジナル規定によれば0である。
低学年なので勝敗よりも野球を楽しんで好きになることが一番だ。これは連盟会長Sohmaさん始め連盟のコンセプトでもある。負けてしまったけれどチームには良い財産になったような気がする大会であった。
勝ったのか負けたのか理解しないままに突然試合が終わって、「腹減った〜」と言う子もいるのが低学年なんである。もちろん勝ちたいけれど、なははは、試合後のメシがうまけりゃそれでいいじゃないか(^-^)


午後有馬ドームへ帰還し練習。
レフト観覧席にあるプールが何年ぶりかで化粧直し。モルタルにケレンを掛けて表面を全て削り更に新しく全面塗装を施した。これでカモたちも気分新たに気持ちよくやってくるだろうか。
今は梅雨も半ば....いつのまに季節はもうすぐ夏本番なんであった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: