2014年8月3日日曜日

進撃の蒼のM

川崎市少年野球大会岩井杯、市内各区から最強の連合チームが参集し、真夏の甲子園に負けない熱い闘いが繰り広げられるのであった。この大会我が宮前は今年で破竹の4連覇を目指すのである。その初日は多摩区代表との一戦、川崎野球少年の甲子園とも言える、大師少年野球場へ行った。

各チームから6年生のベストメンバーを選出しオーダーを組んだ。ただし他の上部大会へ単独チームで出場しているウルフとブルアロを除く。筆者現場でカメラマンをやっている時は、是非スタメンを全員紹介しようと思っていたんであるが、今Macのキーボードを叩きながらそりゃちょいと無謀であることに気づいたんである。代わりにメンバーの母体チームを略称で列記しよう。フォルコンズ+フレンズ+アリコ+グリーンズ+サンダース+ドングリーズ+花フラ+メイツ+バーズ+モンタ+ヤング+ライナーズ、のオールスターメンバーなんである。
エースのマウンドを任されたのは、リトグリのKippeiことMikawaくん。女房役の捕手はサンダース10番Yamadaくん。

名前を列挙できない代わりにスタメンの守備を一人ひとり切り取ってみた。
現代っ子らしくスラリ長身、脚の長い子が多いと感じたのは筆者だけだろうか。
ベンチスタートの子も含めて、これから奴らの進撃の蒼いMiyamae旋風を巻き起こすことになる。スラリ長身とは言えないがズシリ長身のベンチスタートのHiroも含めて。


本部役員席ではひときわ異彩を放ち存在感たっぷりの宮前会長Sohmaさん。
一塁側応援スタンドを埋め尽くした32,800人のギャラリー。
連合チームを率いて歴代数々の栄光をものにしてきた名将Matsui監督、スコアラーは同じサンダースの現役スコアラーTsudaさん。別名「宮前のスーパーコンピュータ」(命名:Nishimura連盟副事務局長)スパコン「京」に匹敵するスコア演算処理能力を併せ持つベテランスコアラー。実はこの試合ブログデータは極秘裏にLINEを通じ、Tsudaコンピュータにアクセスして入手したものなんである。

さて試合である。初回裏のMの攻撃。というより攻撃させてもらえない展開。相手投手の四死球などで3得点。無安打での先制点3は大きい。2回の攻撃では4番Takiguchiくんのセンターフェンス直撃のタイムリーツーベースで1点追加。それでもまだ四死球が多すぎて打たせてもらえない。少し相手ピッチャーが可哀想になる。フレンズの代表Yanagisawaさんの分析では「左足の踏み込みが真っすぐホームに向かわず、外側に流れて着地するからストライクが入らない」のだそうだ。目の付けどころが違う。

3回のMの攻撃は怒濤の快進撃であった。しかも1アウト後1点加点、その後2アウトからの猛攻で8得点。更にKippeiくんのピッチングが素晴らしい。低めに決まる速球が冴え渡り四球は1個のみ、5奪三振、守ってはMのナインも無失策、無安打無得点の完封劇なんであった。


さて、フレンズが大挙して応援に駆けつけた。子どもたちも含めておおよそ20名ほどの応援。年間通じて滅多にないのだが、今日はグランドがなく練習予定がなかったせいもあり、やはり連合に選ばれたHiroとチームの応援に来たかったわけで。
しかし、来てみればHiroはベンチスタート。これには正当な理由があるので全然良い。しかしここで大挙して応援に来てHiroが出なかったら.....。たぶんピンチヒッターで起用するのだろうと思っていた。大差で勝つ展開であっても、緊迫の接戦であっても必ずヤツは打席に立つと思っていた。
3回満塁の場面で彼がついに登場。フレンズギャラリーが湧く。
写真左は一発目の打撃。大きな弧をえがいた打球はライトフェンスを軽く超えて樹木の中程へ吸い込まれた......大飛球のファウル(^-^)。もう少し呼び込んで溜めて打っていれば、文句無しの場外ホームランであった。
写真右は、普段アウトローは合わせに行って引っ掛けて凡打に終わることの多いHiroだが、この日はバットを振り切った分見事にレフト線を破る痛烈なタイムリーツーベースヒット!筆者は2点タイムリーと勘違いしたけれど、スパコンTsudaさんの記録では走者一掃の3点タイムリー。納得しちゃうんである。

結果は13:0の完封圧勝、コールドゲーム。
もし大挙して応援にきたフレンズ軍団の前で、あそこで三振だったなら....。今頃親のOhmori夫妻は夜逃げのための荷造りをしていただろう。Natsuki母は「とにかく応援にきてくれたの皆のまえで打ってくれて良かった」と感激。父のAyumuは顔をメロメロに歪めていた。(下の写真LINEから転用)
試合後はMのメンバー全員がかき氷のご褒美に舌鼓を打つ。打つのは舌鼓だけはなく、明日も打って欲しいぞ。

さて、厄よけで有名な川崎大師なんである。筆者今回帯同した理由のひとつは、実は大師でのお願いごとがあったからでもある。
筆者は悪いけれど信心深くないし、お化けなど非科学的現象には裏があると思ってしまうほうだし、益してや厄年や厄よけなどはあまり信じないニンゲンである。しかし、追い込まれるとなんだかすがりつきたいことってあるものだ。形式的でも良いからやっておきたいことってある。全くもって勝手な奴だと我ながら思うわけで。

財布から一番重たい硬貨を2枚取り出し、ちゃりん....。
ひとつ「フレンズが子どももチームもこのまま順調に強く成長しますように」
ふたつ「Queensの子や関係者にこれ以上怪我人や事故がおきませんように」
手を合わせた。

ぱすんっ、ぱすんっ....。

最後はぱんっ、ぱんっ、と手を叩きたかったのだが、右手切り落とし人差し指と粉砕骨折小指がいまだに強い衝撃に耐えられないため、まともに手を合わせられず、スカスカな妙な音になってしまった(^-^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: