2014年12月9日火曜日

新しい風の予感

宮前区新人戦、沈み行く夕陽の逆光の中での閉会式なんであった。
優勝は泣く子も黙る「富士見台ウルフ少年野球クラブ」
長机の上に燦然と輝くトロフィー、楯たちが整列。
今まではこれを見ても何の感慨もなく無機物のひとつとして撮影していたのであったけれど、今日は違った。

準優勝は「有馬フレンズ」我がチームなんである。毎大会1,2回戦で消えてゆくのが当たり前になって我が身に染み付いていた筆者には、そのトロフィーはあまりに眩しかったんである。
3位は「馬絹メイツ」その昔このあたりでは、馬の産地だったという古文書(こもんじょ)がある。この馬絹も有馬も地名の由来はここから来ているらしい。有馬のすぐ近隣の馬絹メイツなんである。
※因に筆者制作の初代チームロゴにギリシャ神話のペガサスをモチーフにしているのは、この「馬」からのインスピレーションによる。
恒例の協力母たちによるメダル授与。

惜しくも4位に甘んじた「鷺沼ヤングホークス」名物監督Kurosuさん率いる名門常勝チームである。女子野球Queensへの貢献度も、女の子供給保有率ダントツの一位チームである。
解散総選挙公示直後の選挙活動も手伝い、閉会式にもかかわらず来賓ほか多くの議員さんも参列。

式のあとは決勝、準決勝に残った4チームだけで内野を一周して閉幕。

優勝を逃したものの感涙のあとに、ふつふつと胸に湧き起こる準優勝の歓喜。
思い思いの体(てい)で写真撮影の母たち。
ナゼかガッツポーズを取っちゃうShohgo父の本名Tetsueo、愛称てっちゃん。
父の転勤で今年いっぱいでフレンズナインとお別れするYuuta。
昨年から3年生ながらめきめきと頭角を現し、将来はフレンズの中核を担うはずであった左腕の子だった。他チームからもよく「あの子凄いね」と筆者は嬉しい声を聞いていたんであった。今年度4年ながらBチームでの登板試合数はダントツの数であった。
父が記念にと思ったのだろう。フレンズのプラカードと共に息子と一緒の写真を。
来年名古屋の地に行っても是非野球を続けて頑張って欲しい。

お定(き)まりの記念撮影。
セオリーに従い最初は背番号を背負った指導陣と選手たちで。
次は父母含め全員で。
大人たちに呼びかける。「全員入って〜!」路傍を歩く野良犬やブロック塀で日向ぼっこする野良猫も招集したいくらいだった。
筆者はいつも撮影者なのでこういう時は絵の中にいないことが多い。
連盟総務部長兼Web広報担当部長のNishimuraさんが、公式HPのためにたまたま撮影していた。「Nさん、ちょっといいですか?」カメラを渡し撮影を頼んだんであった。

ウルフを母体チームとしウルフ愛はいまだ胸に熱い想いを持っているN氏。でも同時に筆者には自称「フレンズファン」と公言してはばからない。Nishimuraさん、
「はい、いいですか〜!撮りますよ〜」
ハイチーズとか言うかと思いきや、氏の口から発せられた言葉は.....
「来年は優勝するぞー!お〜!」
それにつられて思わず良い笑顔でのシャッターが切られた。
来年は「群雄割拠」
抜きつ抜かれつ、2015は全チーム熾烈な熱い宮前であって欲しい。
もちろんその中でフレンズが旋風を巻き起こすことを祈願して....。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: