2017年6月15日木曜日

記憶は少年、現実は。

日曜は子ども会大会なんである。第一公園ドームにて開会式。その後フレンズは第四公園ドームへ移動し子ども会大会一回戦に臨むんであった。どこまで書けるかは神の味噌汁、じゃない、神のみぞ知るなんであるが。

開会式。
優勝旗返還は、昨年宮前のみならず、川崎、神奈川を席巻し全国三位の富士見台ウルフ。
ほどよい天気で観客席も立錐の余地なく55,000人の大観衆。

今年度から宮前区長が女性区長の野本さんから、小田嶋さんに。教職員、中学校長などの教育畑を歴任してきた人なんであった。少年期には野球をやってらしたそうである。是非川崎に、いや、宮前に立派な少年野球球場建設を。その暁には筆者がボランティアでデザイン設計のアドバイザリースタッフをやってもいい。


選手宣誓。例によって各チームの主将が全員集合。「歯磨いて寝ろよ」

始球式であった。小田嶋区長がなかなかのフォームでマウンドから振りかぶり白球を投げ込む。少年野球の頃の記憶と現実のギャップは致し方ない。筆者だって高校一年までサッカー野郎だったけれど、子どものころは軽く100回以上はボールリフティング出来たが、今は10回が限度だもの。しかも翌々日筋肉痛に苛まれるわけで。

試合はレッパVSドングリーズ戦。ドングリーズNagumoくん孤軍奮闘、他のナインも健気に頑張っていた。試合途中で筆者は娘が結婚で置いていったオンボロバイク、言わば老婆に鞭打って第四へ。老婆に鞭を打つなんていったいなんと言うことでしょう。セクハラとパワハラを兼ね備え、人権蹂躙も甚だしいではないか。人非人、人でなしの怒号を浴びせられても致し方ない。今度新品のハーレーダビッドソンを購入したい。但し、ひとつだけ条件がある。宝くじが当たってからである。


.........
第四公園では多少イレギュラーながら第一試合はBチームジュニアの部の試合があった。ヤングVSウルフ。ネット裏ではOgasawaraさん始め、Nishimuraさん、Fujisawaさんなどのメンバー。

ヤングB監督はQのYuriko父でもあるSashikiさん。ベンチへ挨拶に行きカメラを構えていると、あれよあれよと言う間になんと大量9得点。2:9でヤングの展開であった。



ところがなんである。2回表のWの攻撃ではそれを凌駕する10得点。12:9と逆転したウルフ。ベンチと応援席の活写。


三塁塁審はYamaderaさん。QのRinaは骨折で戦線離脱中。もう野球がしたくてウズウズしてるらしい。
Yamaderaさん、なんか後ろ姿を見ると足元がガチャピン・ムックみたいと思うのは筆者だけだろうか(^-^)

.......
このあとフレンズVSブルアロ戦なんであるが、ただ今0:00過ぎ。明日から来週いっぱいまでがっつり横浜の保育園の仕事があり、また夜は渋谷あたりでクライアントと飲む約束もある。なので、フレンズ戦は次回に持ち越ししちゃうのだった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: