2018年5月15日火曜日

頑張れQueens

気を取り直してJA共済カップ2018なんである。
正式には「JA共済杯神奈川県女子学童選抜野球大会」。Queensのように単独の女子チームはもちろん、大会ごとに連合を組んで参戦するチームもある。更に「選抜」というだけあって、神奈川を代表する「YAMAYURI」に選ばれて女子の全国大会に行く可能性のある大会でもある。今年は愛媛県開催なんであった。手を挙げる選手はいつもの半分ほどだったらしい。遠方ゆえ仕方のないことだけれど、選ばれた選手は是非頑張って欲しいものである。
先発バッテリーは主将YurikoとRina。監督Koshimizuさんは仕事で不在。6年生が前日Sohmaさんからもらったバチグロ。


対戦相手は横浜ベイガールズ。横浜にはこの他に横浜シスターガールズもあって、共に最強の連合チームなんである。Queensはくじ運が悪かったかもしれない。
先制したのはYB。とは言え4回終了時まで3安打、うち、内野安打が2という好投を見せていたゆりっちと守備ナイン。

しかしながら打てないんであった。相手投手は伸びのある速球派で、Q打線は最後まで飜弄されることになる。連合ゆえユニフォームは母体チームのままでOK、みんな色とりどりの混成であった。しかし混成とは言え実力は個々の能力が優れている横浜ベイ軍団であった。

例によって全選手の写真を撮ったけれど、今回は6年生中心でご勘弁。


境川球場Bはフレンズが全国へ行った年によく来たところである。あの時となんら変わりなくちょっぴり懐かしい。ベンチ後方の小川も健在であった。

得点出来ずとも途中まではまだ良かった。しかしゆりっちの緩急自在だった力投のピッチングが徐々に相手打線に捕まり始める。長打が連発し点差が広がってしまった。

全く良いところなしではブログ書いていても筆者も辛いわけで。強いて挙げればYurikoの我慢の粘投と内野陣のファインプレーの数々、センターYumenoのガッツ溢れるダイビングキャッチ(捕れなかったけれど、その気持ちと集中力が素晴らしい)などなど。

...ゴシゴシ、シコシコ、キレイキレイのTohko。

結果は終盤長打の連発を被弾して惨敗であった。この敗戦の経験を次の糧にして欲しい。
帰りの車中ではSohmaさんやKuriharaさんの辛口評価は正論であったと思う。ぐうの音も出ないほどに。しかしそれでも暗鬱なブログにならぬよう、出来るだけQの良いところを抽出して書いた。
頑張れQueens!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: