2018年5月30日水曜日

決勝戦は「打・激戦」

満を持していよいよ防犯大会決勝、ウルフVSイーグルスなんであった。今季の宮前の事実上のツートップと言っても過言ではないだろう。すでに全学童県大会進出を決めている両チームの激突なんである。

決勝はウグイス母...いやいやウグイス嬢がネット裏本部席に招集されるのが慣例である。
美人母たちが本家ウグイスに負けず劣らずの美声で宮前審判団の紹介。

準決、決勝では先発投手をどーするかは監督の悩みどころ。両軍マウンドに登る投手二人。

初回から両軍共に1点取って1点返しての拮抗した展開。

2回表のEが持ち前の打線が猛威をふるい、怒涛の5点を加点し6:1と強豪相手ではセーフティーリードとまではいかないまでも、点差を広げた。
ところがなんである。ウルフは1点取られれば1点ないし2点取り、5点取られれば5,6点取ると言う展開が印象的なチームである。この日もE打線に負けずに裏に6得点し、7:6とすぐに大逆転に成功。

打ち込まれれば当然の帰結として、両軍共に目まぐるしく投手をスイッチする。この試合のスコアラーは相当大変な思いをしたに違いない。一日の投球イニング制限のため、エースは後半へ温存か。

両軍共とにかく空中戦であった。白球が第一公園上空を、夜間の湾岸戦争勃発の映像を見てるみたいに、ビュンビュン飛び交う展開になった。決勝戦は実力伯仲するため僅差での投手戦が多い訳で、そのセオリーを覆す打撃戦...いや、「打・激戦」となる。うーむ、我ながらうまいことを言った。今後もコレ使わせてもらおう。
Eが1点返し同点に追いつくと、その裏Wが2点奪取し僅差で上を行く。前述の筆者の見立てはあながち嘘ではあるまいてと、確信を深める。だって何年も前から何度もそーゆー姿を見てきたからであった。
それにしてもこれだけの打撃戦になれば当然と言えば当然だが、本塁でのクロスプレーの多いこと多いこと。1点を争う場合の野球の醍醐味の一つである。

第一公園の名物は砂塵舞う光景と、それと対照的にのどかな鳩さんの試合参戦である。少年たちの激戦を知ってか知らずか、のんびりフィールドを散歩しちゃうのだった。

さて、5回はEにとってはビッグイニングとなった。更に点を重ねたEに対しWは反撃出来ずに無得点のまま時は流れ...。

試合後本部のウグイス母の元にイーグルス母が駆け寄り抱き合って涙を流していた。ちょっと良いシーンを垣間見てしまった私は、すかさずシャッターを切ったのだった。

おめでとう白幡台イーグルス。帽子投げはすでに掲載したけれど今一度連写のうちの3枚を。

イーグルスはジャビットカップへ。準優勝ウルフ、3位モンタ、4位フレンズはそれぞれの上部県大会へ駒を進めたんである。それぞれの大会での健闘、いや健闘ではなくテッペンを目指して頑張って欲しい。
それとは別に今週末には全学童神奈川県大会にイーグルス、ウルフが出場する。全国へ繋がる唯一の大会。頑張れ宮前、頑張れ川崎、頑張れ少年少女野球なんであった。

閉会式も一気に書こうと思ったけれど、星飛雄馬の大リーグ養成ギブスが腕に恐ろしい負荷をかけるみたいに、今筆者の腕は悲鳴をあげてMacのキーボードに指が届かないのだった。閉会式の写真ブログはまた次回ということで許されたし。

※連盟HPは下記からどーぞ。
宮前区少年野球連盟HP
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: