2018年5月29日火曜日

猛攻打線に屈す

防犯大会はすでに閉幕したけれど、後追いでよろしければの「晴耕雨読」なんである。しかしながら、3試合ぶんと閉会式を微に入り細に渡って記述することはほぼ不可能に近いわけで、まるで考古学者が恐竜の骨を発見したのちに、研究論文を3年がかりで著すようなものである。ゆえに極力端的にかつフラットな文章で臨みたい。

準決勝フレンズの相手は長年宮前の常勝軍団の名を欲しいままにしてきた、王者ウルフなんであった。この一週間熟慮黙考した筆者の見立てでは、フレンズがこのところの勢いを堅持してミスを減らして一枚岩となって臨み、なおかつ相手守備陣に僅かなほころびがもしあれば、そこを怒涛のごとく攻めて行けば、決して撃破することは夢ではないと思っていたんであった。W軍にしてみれば「我が軍も舐められたものよのう。何をちょこざいな、片腹痛いわ、ワッハッハ」と言われそうだが、可能性はゼロではないはずだ。
...はず、だった。

先発マウンドはFはAki、Wはどうするのだろうと注目していたが、エースHinokiharaくんだった。

鉄壁の守備が伝統のWに初回から二つの敵失が出て、Fが2点先制に成功。この時までは「ほらね、言った通りじゃん」と自分につぶやいてみる。いきなりの初回からWはタイムまで取る展開になったのだった。


しかしなんである。ぬか喜びはここまで。取られたら取り返すのがWの真骨頂。猛打爆発7得点しあっさり逆転し2:7。


2回表FはAkiのタイムリーで1点を返すのがやっと。とは言えこれでまだ望みを繋いだ形になった。諦めるにはまだ早すぎる。

しかしその後もWの猛攻が続いた。全安打中、ほぼ半分が二塁打以上の長打攻勢。F軍だって決して四死球がべらぼうに多かったわけではなく、失策も3個のみだった。(※上部大会に行けばエラーしないのが当たり前で、失策数3個はほぼ致命的な数ではあるが)結果地力に優ったWが決勝へと進んだ。


ダークホースが表舞台に躍り出た気分。厳しい見方をすればいくらでも反省点はあるも、Fは準決で涙を飲んだとは言え、Fナインはよく頑張ったと思うのだった。低迷時代のFを想起すれば、たとえベストフォーと言えど十分評価するに値する今大会だったと思う。8月の県大会の東京新聞杯が決定し嬉しいのは間違いないが、是非とも宮前代表として大舞台で恥をかかぬような、勝っても負けても骨太な試合をして欲しい。

さて、ここまではフレンズのブロガーとしての立場にて。
ここからは連盟広報としてのブログなんである。フレンズから幽体離脱して、なるべく公平な立ち位置での「晴耕雨読」なんである。広報と言えば連日報道されている某N大の某おじさん広報のような人にはなりたくないものである。フレンズやQや連盟のブランドが「地に落ちぬよう」配慮せねばなんである。反面教師。

準決もう1試合はイーグルスVSモンタ戦。両チーム共に打撃のチームという印象が強い、重量打線を誇るチームである。特にイーグルスは相手投手がどんなに優秀でも「打つ」わけで、ひとたび打線に火がつけば消防庁の猛者が消火に奔走しても、手がつけられないほどなのだった。
スコアブックがないので写真中心に。

遠くを見遥かすとレフト後方にフレンズオヤジどもと長老組が観戦していた。筆者はこの日、連盟で酒を飲む予定があったためバイク通勤ではなくアシがなく、昼飯に同行することは出来なかった。フレンズの第四公園へも断念した。

やはりE打線の前にMベンチもなす術なしか。嵐の中にあって策を講じる間も無くあっと言う間に終わってしまう試合ってあるものだ。過去に苦渋を飲みいくらでも経験してきたわけで。



終わってみればE軍団が圧勝。
このあと第四公園で3位決定戦がフレンズVSモンタで開催。ほぼ同時刻で第一公園ではいよいよ決勝戦なんであった。
やはり写真中心と言っておきながら、結局終わってみれば文章長くなったし、いつもの「晴耕雨読」的駄文の垂れ流しなんであった。
決勝、閉会式の模様はまた次回。
今度こそ時間かけずにサックリ行くぞと、肝に銘じながら筆を置くのだった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: