2013年10月19日土曜日

宮前の誇りを胸に

ここ2,3日はいろんな方からメールをいただき、またいろんな方へメールした。先日のQueensのキセキ(奇跡か軌跡かはご想像にお任せ)のブログへの反響である。キーボードを叩きながら筆者自身改めてこみ上げるものがあったし、また寄せられたメールにも「涙腺がゆるゆると...」的な感想をもたれた方が多かった。こんな駄文で喜んでいただけるなら本当にブロガー冥利に尽きるというもの。しかもフレンズやQueens以外にも宮前連盟加入の他チームの方がたや、遠く離れた地方の選手の祖父母さんにも、この少年少女野球「晴耕雨読」が読まれて楽しみにされているということを最近よく耳にするに及び、筆者は今後も心新たに更にブログ道に邁進する所存でございます的な所信表明すると同時に、益々下手なことは書けないという妙なプレッシャーも感じちゃう今日この頃なんである。

それはさておき。
この時期に毎年熱戦が繰り広げられる、川崎各区からの精鋭が集まり今年の少年野球の集大成、頂点を決する大会が今まさに佳境を迎えようとしている。普段は各区ごとに個々のチームの雌雄を決するゲームをしているのだけれど、これは区の代表として臨む大会だ。
手前味噌ではあるけれど、川崎市宮前区少年野球は筆者の知る限り、かなり昔からトップクラスである。幾度も優勝旗をさらってきた実績がある。しかし、今年は特に凄いことになってきた。単独チームの富士見台ウルフ、6年連合の宮前クラブ、5年連合宮前ヤンキースJr、女子の宮前スマイリーズと全カテゴリーで決勝進出しちゃっているんである。連盟始まって以来の快挙だ。惜しくも涙をのんだ2チームの監督コーチ、選手保護者の方には忸怩たる思いがあるだろう。その裏のエピソードも聞いている。本当に大きなプレッシャーの中勝てなかった指導陣の心中を察するには余りある。頭が下がる思いだ。KさんやAさんお疲れさま、ありがとうと申し上げたい。しかし、その同胞の悔しい思いも含めて決勝に進んだ各チームは宮前代表として恥ずかしくない戦いをしてくれるに違いない。
明日、その決勝戦が等々力と大師球場で4試合行われる。全てに宮前が駒を進めたわけで。

その興奮の気持ちが短い文章に凝縮されているものがある。
連盟副事務局兼、連盟IT関連担当部長兼、連盟20周年及び来たるべき30周年記念誌編集長のNishimuraさん。あの記念誌は世界に誇れる少年野球記念誌界の金字塔を打ち立てたと言っても過言ではないんである。
連盟HPの更新はNさんの仕事だ。直近の短い文がいい。(宮前HPから引用)

宮前少年野球連盟ホームページ
Nishimuraさん始め連盟事務局裏方さん、審判部、各チームの指導者と理事や事務局担当、そしてチームと子ども両方を支えている多くの保護者のみなさん。
宮前みんなが一丸となっての決勝進出である。
この時季になると我がフレンズをはじめ、プロ野球で言うところのB,Cクラスに甘んじたチームでは連合の話題よりもすでに来年の構想を練習に実践しているものだ。なかなか勝てない弱小チームでも、我々が宮前で野球をやっていることに誇りを持とう。

明日はAM5:00起き。今はもうすぐ0:30になんなんとする。
因に明日の等々力球場の予定はこうなっているんである。
○8:30宮前スマイリーズ(Queens)優勝
○10:00宮前クラブ優勝
○12:30単独チーム富士見台ウルフ優勝
○8:30宮前ヤンキースJr優勝(@大師球場)
明日の結果は....ともあれ、こうやって大きなうねりの中で、知ってる者も知らない他人どうしも渾然一体となって、見えない連帯感を持ってひとつのことに突き進む姿が良いではないか。

ただ、筆者は怖い。
これらの明日の結果をブログに書きあげるのは、除夜の鐘が聞こえる頃かもしれない。
(T_T)/
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: