2016年5月1日日曜日

ギルバートグレイプからのバグダッドカフェからの...

先日の金曜日は練習試合宮崎台バーズ戦なんであったが、その模様を書くには体力の限界があるんだからして、今日は少し斜めの見方から更に野球とは関係ない昔の話になっちゃうんである。

遠征先の宮崎小学校ドームへは年に数回行くだろうか。ここの校舎を見るといつも不思議な気分になるんである。(これはかなり昔にも書いた記憶があるのであしからず)
本塁から校舎を見ると屋上付近の壁ににょっこり突き出した錆びた鉄管(パイプ)がある。たぶん屋上の排水系統のパイプだろうと思うのだけれど、にょっこり顔を出したあと直下へ配管されずに、またすぐ屋内へ潜り込んでいるんであった。なんだか巨大なホチキスで壁を止めたような、地表から顔を出した臆病な小動物がすぐまた穴に潜るような。司馬遼太郎風に言えば「それにしても鉄管の不思議なことよ...」となろうか。コンクリート打ち放しの程よく古さを醸している壁面の肌合いとのバランスも良いのだった。

更にこれを見ていつも思うことは映画「ギルバートグレイプ」なんである。
結構古い映画ではあるけれど、筆者大好きな映画のひとつなんである。これは恵比寿に事務所を持っていた頃だからたぶん40代だった10数年前である。仕事の打合を終えたあと取引先の女性を誘って事務所近くの小洒落たバーで飲んだわけで。断っておくがそのあとはナニもない。彼女は三茶で降りて筆者はちゃんと鷺沼へ。彼女が30代になってアメリカへ留学するというのでささやかな送別会をしたんであったのであるからして、あしからずなんである。その彼女が私に薦めてくれた映画が「ギルバートグレイプ」なんであった。

「ギルバートグレイプ」
あのデュカプリオがまだ少年でこれでアカデミー賞にノミネートされた映画である。彼の知的障害者役はまさに天才的な本物で、当時彼を知らなかった筆者、恥ずかしながら本当に知的障害を抱えた子を役者に起用したのかと思ったほどだった。主演はこれまた若かりしき頃のジョニーデップ。このあと「シザーハンズ」を経て「パイレーツオブカリビアン」などで今の人気と名声を得るとは全く想像も出来なかった。映画の好き嫌いはさておいても、デュカプリオの演技を観るだけでも価値があるかもしれない。もちろん最後は泣ける...。

このデュカプリオが兄(ジョニーデップ)の目を盗んでは高い木に登ったり、果ては町の給水塔に登って周囲を困らすのだった。彼の一挙手一投足が実に自然な演技で本当にうまい役者なんだなと思わせる。

さてその給水塔から転じてまた別の映画を想起しちゃうんである。給水塔で思い出すのは映画「バグダッドカフェ」
内容はほとんど失念したけれど、音楽のホリーコールが歌う「コーリングユー」はあまりにも有名。独特の世界観の短調のメロディーで気だるく、聴けば誰しも「ああこれか!」と思うに違いない。
その映画に出てくるのがやはり町の給水塔なんであった。グラフィックデザインとしても絶妙な構図で印象に残っているんである。

そんでもって冒頭に戻る少年野球「晴耕雨読」なんである。
この校舎の上に給水塔を乗せてみるとなんだかどーにもこーにもしっくりくるんである。今でも古いマンションなどの屋上にあるはずだ。水圧や衛生上良くないので今ではめっきり見なくなったけれど。
これを乗せると排水管ではなく逆に給水管に見えてきちゃう。
それだけ歴史のある学校なのだろうと思う、今日この頃なんであった。
..............
バーズ戦の練習試合はまた折を見て書こうと思うのも、今日この頃Part2なんであった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: