2018年3月18日日曜日

ホワイトデー

今日は好天の土曜、午前はQueensへ。バッティングと走塁とサインの確認を兼ねた練習、オトナは守備について筆者は外野へ。外野を東奔西走していたんである。ライト前ゴロを捕球に走ると左足首に違和感を覚えて、左足をかばおうとして思わず転倒、グランドで一回転の受け身の失態を演じてしまったのだった。東奔西走からの七転八倒からの七転び八起き。大げさに言えば怪我しないようにむしろ自ら転びに行ったわけで、その結果事なきを得て大丈夫なんであった。いい年ぶっこいたオッサンが転んだわけで、傍目には失笑ものだったかもしれないが、筆者はかすり傷ひとつなく内心「まだまだイケルぞ」と逆に嬉しかったんであった。
今度はフィギュア4回転ダブルアクセルトリプルトゥーループとか、 ハーフパイプの大技フロントサイドダブルコーク1440にも挑戦してやろうか、と思う今日この頃なんであった。

練習後父、コーチ陣のオトナたちからQ姫へホワイトデーのお返し。我々野郎どもがお金を出し合って母たちが買い出しに行って姫たちへのホワイトデーなんである。同時に今季のユニフォームも授与。Qではチームでユニフォームを購入し、毎年持ち回りで貸与品として着用するんである。
Koshimizu監督からユニフォーム、Murata代表からホワイトデーを渡す。


連盟Matsui会長も来ていた。サンダースYumeちゃんも練習に参加。まだ正式Qではないので「Yumeちゃん」と、ちゃん付けで呼称。入部が決まればQにとっては強力な戦力アップになること間違いない。連盟審判部長Kosakaさんのお孫さんである。
Matsui会長からミスドの差し入れ。主将Yurikoの主導で低学年の子らから選ばせて、最後は6年生が箱の残りをを覗き込む。そんなところもQueensらしい光景だ。ジャンケンでおのおのチョイスし、うまそうにがっぷり食らいつく姫たち。6年たちは「アタシ、いちご味のやつが...」どーのこーのと騒いでいたが、最後にKuuが食べ出すと一斉にシーンとなって一同黙々と「もぐもぐタイム」に突入。



午後はフレンズ有馬小スタジアムへ。
練習開始直後、Natsuki母が空を指差して叫んだ。
「あれあれ、凄い凄い、見てみて!」
「むむむ!あれはなんだ?鳥か、飛行機か、いや、スーパーマンだ!」
筆者の年代なら知ってますね?初期米国白黒TVドラマ「スーパーマン」の最初のナレーションである。あれは声は大平徹だっけか?
見上げるとスーパーマンではなくましてや謎の円盤UFOでもなく、ジェット機の編隊が6機、きれいに並んで白い噴煙を尻から吐き出して低空をすっ飛んでいたんである。瞬時に手元のカメラを取り出して望遠で捉えてみたが、その時は見事な白い煙の噴射はなくなり青空を悠然と飛び去って行ったのだった。遥か上空のジャンボ旅客機や自衛隊ジェット機やヘリコプターや竹コプターを目にすることは珍しくないが、こんなジェット機の編隊を組んでの低空飛行はあまりお目にかかれない。

さて、Queensでもフレンズでも鋭意企画中なのが、ステッカー制作、配付なんである。応援Tシャツなどと主旨は同じで、チームロゴのステッカーを共有し身近なモノに貼ることで、チームがひとつになることを目的としたいものである。筆者のロゴデザイン料と制作の手間と時間と原材料費を加味すれば1枚単価は100万円くらいするのだが、ただ今絶賛キャンペーン中につき、ステッカー用紙代のみの驚きの150円の提供なんである。Qでは部費で出し希望者には一個一個好きなサイズのものを切って配付、フレンズでは家庭ごとに1シート購入となった。家で好きなサイズのものを選んで切って貼れる。とーちゃん、かーちゃん、子どもたちで喧嘩になっても筆者は責任を負わないのであしからず、なんである。
以前Queensステッカーを作った時は、Sohma前会長は通勤鞄にどかーんと貼っていたと聞く。また、昔フレンズで作った時もNatsuki母が言うには、Hiroはランドセルのど真ん中に貼って通学したり、自転車やいろんなものにやっていたらしい。制作者冥利に尽きるものである。
※写真はMac編集中のスナップショット。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: