2018年3月26日月曜日

春、サクラ三昧

桜の季節なんであった。昔から桜を見ると気がおかしくなるという話があるくらい、妙な妖気を放つ存在ではある。陽気が妖気を醸し出すのだろうか。満月を見ると狼男になっちゃうみたいに。しかしそんな一面をを除けば桜は素晴らしいものである。これを嫌いな日本人はほとんどいないはずであろう。誰もが富士山が好きなように。ましてや冷たい冬が明けた暖かな春の象徴としても意味のある花なんであろうと思う。

土曜はQueensの第四公園へ。途中バイクで小台公園へ寄ってみる。ここの桜も見事だけれど満開時よりもむしろ、散ったあとの地面がすべてピンク色に染まる光景が大好きである。昨年の今頃のブログにも写真を載せたはず。この日はまだ満開とまでいかずサラリとした印象だった。

第四へ到着。軽く練習に参加していると、途中Murata代表からQ姫への差し入れが。ワッフルと大きな粒のイチゴなんである。こんなところで偶然素敵なイチゴに出会えるなんて、まさに「一期一会」...なんちゃって。カーリング女子にちなんでQ姫たちの「もぐもぐタイム」なんであった。


こちらの桜も7分咲きくらいだろうか。一見して満開っぽく見えるけれどまだ蕾みも何割かはあったんである。

おやおや。6年生のRina、Yuriko、Kuuの三人が仲良く女子会を開いているではないか。望遠でレンズを向けた。ちっちゃい頃は屈託なくピースサインをしてくれたのに、カメラに気づいたとたんに顔をそむけるではないか。この年頃の女子にありがちな反応とはいえ、Q広報部長としてはちょっぴり淋しい気分であった。それでもRinaはけたけたと良い笑顔で会話していた。


公園の大駐車場に大きなバイクがどすんと停めてあった。YAMAHAのドラッグスター。筆者こういうバイクが好きである。HONDAのスティードとかとか。訊けばコーチのDaiちゃんのバイクなんである。

iPhoneを持ってうんと近づきエンジン部をアップで撮ってみたら、Queensジャンパーを着たオッサンの俺が3人、こっちを見ていた。

....
今日日曜は遠征には参加せず、有馬小スタジアムに赴(おもむ)いた。春爛漫の陽気である。
やはり桜は満開のように見えてまだ蕾も散見される。


大きさといい形といい、バックネット裏の桜がここの象徴的桜なんである。目線より少し上の樹にポッコリと咲いている桜がある。「こんなところに咲いちゃうんだ」と母たちが話してした。幹があって枝があって梢(こずえ)があって、その先々に咲く桜だけれど、太い幹の部分にいきなり咲く桜もあったんである。樹齢何十年か知らねども、いまだに命の力強さを目の当たりにした気持ちだった。
花嫁が放り投げたブーケトスの花が、参列者の未婚の女性に届かず、偶然父親のタキシードの胸に止まったような画ではないか。
(※「晴耕雨読」の例え話や比喩表現は「クセがすごいんじゃ」)

秋になると見事なクロームイエローの葉を満載にするイチョウの樹もある。今年はなぜか丸坊主にされてしまっていた。シュールな前衛芸術か、近未来映画に出て来るオブジェみたいな佇まいである。それを知ってか知らずか秋の象徴の栄枯盛衰を尻目に、春の象徴の桜が咲き誇っていたのだった。

Yanagisawa代表とAraganeオヤジと三人で蕎麦屋で昼メシしたあと解散し、筆者は帰宅前に途中のすみれ公園へ寄ってみた。つい最近公園が整備されて遊歩道が新しくリニュアル、一段と綺麗になった。筆者は通年ここで読書をすることが何度かある、大好きな公園のひとつである。やはりまだ満開とはいかず、むしろ少し有馬小よりももっと蕾みが多いように思えた。来週はフレンズ恒例の花見である。山田富士でやるのが恒例となった。この一週間かなりの陽気で好天になるらしい。一気に桜が満開となり、一週間後には果たしてどんな感じの桜になっているだろうか。少しでも花が残ってくれていることを望みたい。
フレンズLINEでAdachiオヤジがうまいことを言っていた。
「サクラの花は散っても、ママさん達という花があるじゃないか」と。
さすがカープおやじなんである。
山田くん、座布団3枚〜(^-^)

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: