2018年3月7日水曜日

穴を穿(うが)つ

何かと忙しいんである。確定申告は期限間近で深刻だし、マイナンバーと免許証のコピーをセブンでマルチコピーしなきゃだし、仕事も京都と青山の物件あっちとこっち同時進行でやんなきゃだし、ブレラン2049のデッカードブラスターレプリカに装填すべきリチウム電池はセブンで売り切れだし、アイコスに転向して部屋に換気扇を取り付けたのは良いが、ルーバーにホコリが溜まってそれを掃除しなきゃだし、ポケモンGOはXPが2倍の絶賛キャンペーン中だし、フレンズ+Queensの(姫二人含む)ホワイトデーはナニにするか熟慮黙考中だし、Sohma前会長との約束を果たすべく過去数年間の少年野球写真を精査しなきゃだし、iPhoneとMac間の写真データ共有トラブルを解決しなきゃだし、それにあれもこれも...。

というわけで、今日も春季VSバーズ戦のブログは写真選択のみで終わったんであった。
映画の近日公開、「全世界が絶賛」とか「この映画に全米が泣いた」とかって言うけれど、全世界ってホンマかいな、パプアニューギニアの先住民族もその映画観とるんか?いったいナニが全米やねん?アリゾナ州の砂漠の真ん中のガソリンスタンドの店主もその映画観とるんかい、という疑念は大昔から思っていた。マスコミの喧伝に踊らされてはいけないんである。穿(うが)った見方すぎるのだろうか。
因に「穿った見方」という本来の意味は「斜に構えて詮索する見方」ではなく「ものごとの本質を見極める」というのが正しい。「穿つ」はナニモノかに穴を開けるという意味合い。
映画ならぬ静止画の少年野球「晴耕雨読」は、今しばらくお待ち下されまし、なんである。厳選30数枚の候補写真群。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: