2018年2月26日月曜日

「そだね〜」

土曜午前のQueens第四公園をあとにして、午後は第一公園ドームへ急行、グリーンカップ大会なんであった。ぽかぽかと暖かな一日だった。球場の丘の上でカメラを手にくつろいでいると、すぐそばまで鳩がやってきて何もないのに地面をやたらついばんでいたんである。
鳩A「さっきここで野球の子どもたちが弁当食べてたはずだよね〜」
鳩B「うん、そだね〜」
鳩A「あんた、北海道のカー娘。かよ」
鳩B「うん、そだね〜」
鳩A「それにしてもご飯粒のひとつも落ちてないじゃん」
鳩B「がっかりだよね〜」

ふと見上げると照明灯の上から別の声が聞こえてきたんである。

鳩C「彼女ら必死こいてご飯粒探してるわね」
鳩D「そだね〜。さっきうちらで全部食べちゃったのにね〜」

鳩C「あれれ、なんだかうまいもん見つけたみたいだわ」
鳩D「うっそ〜?」
鳩C「ほれほれ、見てみ」
鳩D「ほんとだ」
鳩C「じゃあ、下に降りてうちらも『もぐもぐタイム』にしよっか」
鳩D「そだね〜。行こ行こ。イチゴはあるかな〜」

....
さてグランドでは試合前の練習。

対戦相手は強豪宮崎モンスターズ。試合前にちょこっとTeramotoさんと談笑。数年前にブログを通じてお世話になった人なんであった。あのTeramotoくんの弟くんがまだBチームにいるんであった。
「集合!」

今季主将でありエースは全国のマウンドを踏んだRuiの弟Shohである。主将でエースでトップバッターまで一緒である。
モデルデビューはいつなんだろうか、Anju。
果敢なスライディング、Shoh。



こんな試合になるとは思わなんだ。今年に入ってそれなりの期待と戦力アップの手応えを掴んでいたのに、全く打てないわけで。序盤Mの投手Yくんを打ち崩すどころか安打すら出ない。中盤から緩急を混ぜ始め、こともあろうに終盤はほぼ緩急の「緩」のみのスローボール投法。それでも打てないFには呆れてしまった筆者なんである。敗因はこれにプラス失策と走塁ミスが目立った。果敢に次の塁を狙う姿勢は評価したいが、微妙な走塁プレーが多かったんである。
昔から「打」のチームの印象が強いMも猛打爆発とはいかず、それでも回を重ねるごとに加点し、終わってみればM5:1Fのフレンズ無安打完封負け。寒風は吹いてないのに完封負けなんであった。




※今年まだ第一公園に来ていない宮前チーム関係者へ。連盟広報筆者よりお知らせ。
グリーンカップはわずか約10チームの参加になった。その他のチームは春季で第一公園へ来たら是非、このスコアボードをご覧あれ。ピッカピカのバッキバキのシャッキシャキのスコアボード。これは宮前でも突出したチーム歴史のある野川レッドパワーズさんの50周年記念事業の一環で寄贈されたものなんである。頭が下がる思い。素晴らしい寄贈品をありがとうございます、レッパさん。同時に設置工事費は川崎市が請け負っていただいた。これまた感謝なんである。
これから何年間ものあいだ、このボードに宮前野球少年少女の汗と涙と笑いが記録されるはずだ。チョークでアナログに。それが良い。

....
このあと向丘JAでの2018Queensお別れ会に向かった。
その写真も膨大、編集選択と忖度に時間かかるし、仕事の関係もあって今しばらくの猶予を。
「そだね〜」(^-^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: