2017年8月29日火曜日

BBQ大会本編Part1

というわけでフレンズ恒例BBQ本編に突入なんである。ほぼ写真構成で行きたい。いわば写真多め、文章少なめ。ラーメン界で言うところの麺柔め、脂すくなめ、的なのだ。

※写真選択にあたっての留意事項(...という名の言い訳)
その1=
写真は筆者のものと母数人がグループLINEにアップしたもので構成。
その2=
母たちの写真使用にあたってはあえて所有権、著作権、肖像権、版権、集団的自衛権などの許諾は取り付けていないけれど、100%大丈夫という根拠のない自信のもとにアップする。
その3=
筆者写真と母写真とがほぼ似通ったものである場合は、なるべく後者のものを採用。自分で撮った写真がネット上に載り、世界を駆け巡る感覚を味わってもらうため。
その4=
極力平均的に、偏りのないよう選択したものの、子どもや大人たちの中には多く写っている者と全くない人との差があるはず。ご勘弁されたし。
その5=
時系列順ではなくテーマごとに掲載。野郎どもはどーでもいいが、女性が美人に写ってるか、それなりに写ってるかは筆者の責任ではないことを明言しておきたい。
その6=多分に身内、いわゆる楽屋受け的な内容かも。読者さんには賑やかな団体のある夏の日の一日を追った写真集としてご笑納下されまし。なんである。
その7=....いい加減そろそろ行きます。

1=BBQ編
神奈川愛甲郡清川にある清川リバーランドなんである。着けば早速ビールで乾杯。いきなりガンガン焼き始める。その間子らは施設脇に流れる清流で川遊びに出撃。


川遊びから帰って来たRairenが、捕まえた沢ガニを自慢げに披露してくれた。

各所4テーブルある焼き場(?)にいろんな大人たちが入れ替わり立ち代わりで、大量の食材を絶え間なく焼くんである。前日母たちが世界中の肉と魚介類をかき集めてきた大量の食材なんである。写真はほんの一例。アップで撮ったので、今このブログを満腹な人が見たらゲップが出て、空腹な人が見たらヨダレが出そうになるはずだから、「閲覧注意」なんである。

有料イベントで生け簀的なところにマスを放流し、それをつかみ取りする。子どもの人数分のマスを頼んでいた。それを意外にも子どもらはガッツリむしゃむしゃ食いまくる。なんか逞しくって嬉しくなっちゃう。Shohmaなんぞ魚を食べ尽くして、まるで漫画のような骨だけに。


以前ドンブリのうどんを10杯食ったという伝説の大食いチャンピオン4年生Akiは、椀に盛られた大盛りの焼肉を手づかみで、まるで麺類をすするようにちゅるちゅると次々に胃袋に納めていった。彼の捕手としての強肩と体幹の強さの秘密はこれだったのかもしれない。

川に遊びに行って帰って来てはメシを喰らい、また川に行き、帰ってはまた喰う。子どもの食欲旺盛な姿を見るのは、親でなくとも大人なら目を細めるほど楽しいものである。親目線で言えば我が子の成長に目を細め、我々オトナ目線から見れば日本の将来も捨てたものじゃないぞ、という気持ちになるんである。


2=魚つかみ取り大会編
その「魚つかみ取り大会」なんであった。「今時の子らはサンマは海を開きの状態で泳いでいると思っている」という。スーパーで売っている開きの魚しか知らないからだ。この情けない話を知ってから久しく時間が経ったけれど、今の子はどうなんだろうか。
子らがとっ捕まえたマスをその場で焼いてかぶりつくシステム。
皆捕まえたあとは親たちのスマホカメラに向かう...というより親たちがその姿をスマホに納めたくて「こっち向いて〜」。我が子だけじゃなくチームメイト皆を撮るところが良い。


「あっ、いた!」と声が上がればみなこぞってそこへ駆け寄り水面下を凝視する。魚が少なくなってくると虎視眈々、戦々恐々となるんである。
そこで筆者いたずらを試みる。魚を探してうろうろしている子ら。

そこへ何もない水面を指差し叫んでみる「あっ、みんなここにいたぞ!」
すると一斉に振り向いてワラワラ駆け寄るわけで。
「ウソだぴょ〜ん」....
ちょっと冷たい視線を感じた。
筆者はニンマリだが、これを「子ども相手に大人げない」行為と言う。

子らは個々に自慢げにカメラ目線。ひとりだけ大きな子どもがいる。OB監督Shinyaであった。筆者も10年若ければ大きな子どもになっていたに違いない。


終盤にさしかかると、さすがに魚は枯渇。
ところが水中から突然大きなマグロが現れたんである。青森大間のマグロに匹敵するような、たっぷりと脂が乗った、刺身でナマで食べたら旨そうなNatsuki母なんであった(^-^)

..........
今日はここまで。
次回は写真フォルダ「川遊び編」などをアップ予定。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: