2018年8月12日日曜日

負けはキミを強くする

いよいよ東京新聞旗県大会なんであった。会場は大昔Nishiharaオヤジの息子Shingoの代に、フレンズが県大会で戦ったグランドなんである。筆者もOBコーチなりたての頃で、オボロな記憶が蘇る。相模原の原宿グランドである。「真っ赤なポルシェ」、フレンズジーサンズNishihara号で行ったのだが、がっつり遠かった。

対戦相手は南林間ファイターズ(以後MF)。初回は有馬フレンズ(以後AF)の主砲Akiに超特大のツーベースが飛び出したものの、両軍ともに無得点のまま2回表のMFの攻撃。1失点したが今のフレンズにはどうということはない。落ち着いてチャンスを待てば良い。相手には失礼だったがそれほどの力の差を感じないのだった。

ちなみに写真はほとんどがグリーンのネット越しに撮ったもので緑っぽくなっちゃってるので悪しからず。3回MFは簡単に二死まで追い込まれながらも、走者を溜めて2本の長短打で4得点し5:0とする。確かにこれはキツイぞ。結構焦った。でもまだ回は浅いので全然希望は捨てなかった。

4回にもMFは1点を追加し、ついにAFは6:0とされてしまった。なんとしてでも点が欲しい。さすがに6失点でこちらは無得点となれば焦っちゃうのである。



その裏先頭Akiが二打席連続の強烈な長打をレフト上空へ発射。長距離ミサイルは左翼手後方へ着弾しフェアグランドに突き出たネットフェンスへ。Akiがギュンギュン走り三塁打となる。次にIchiyaの内野ゴロの間に本塁生還しなんとか1点を返したのだった。写真をドドンと一挙掲載。これだけ連続して打撃写真を掲載すると凄い連打を放ったみたいに見えちゃうから不思議。

6:1から5回裏のAFの反撃が始まった。1死後走者なしから敵失が数個絡み、これに加えてKenzohとShohの見事な外野への連打などで4得点し、6:0から終盤で6:5と一点差まで肉迫したのだった。これにはAF軍応援団も大いに湧いたのだった。
「イケルぞ、絶対イケル」と。

最終回MFの攻撃は無得点。その顛末は一死後走者一塁で、打者が放った強烈なファーストライナーをKenzohが見事キャッチ、すかさず一塁を踏みライナーゲッツー完成、一瞬にしてチェンジとなった。しかしこれがこの試合の結末を暗示するとはこの時誰が想像しただろうか。
もう時間はない。AFはこの回で終わり。じっくり攻めるしかない。1点差なんであった。絶対勝つと信じて臨んだのだった。下位打線とはいえ先頭打者Manatoが絶妙な選球眼で出塁し盗塁も決めて一死二塁。この走者が帰れば同点、ラストバッターKenzohが上位打線に繋げたら一気呵成に逆転サヨナラのシナリオをAFの誰しもが思い描いたのだった。Kenzohは前の打席で綺麗なセンター前安打を放っている。
4球目を思い切り振り抜いた打球はヒット性のレフトライナーだった。行った!と思った瞬間レフトが捕球しすぐにセカンドへ送球、先ほどのお返しと言わんばかりの不運なライナーゲッツー....。この瞬間試合終了となったのだった。

この日のために猛暑の中選手はもちろん、指導者、父母らが一丸となって時を過ごしてきた。今週は台風の隙をついて毎日平日練習もやってきた。金曜の横スタでの開会式では他チームでは熱中症でダウンする選手が多くいる中、普段から毎週走り込んでいるフレンズは元気一杯で臨み、その後も有馬に帰り練習だった。
それだけにこの負けは選手にとってはショックだったに違いない。試合後は学年の高低に限らず嗚咽を漏らす子が多くいたのだった。それを見て母たちも目を赤くしていたのだった。
単純な負けではなかった。悔しくて辛い負けだった。もう少しで手が届いたのに。しかし、普通の負けではない。フレンズの底力と諦めない気持ち、チーム全体の和が試合後に残したものは大きいはずだ。この経験はきっとこれからのチームのチカラをより強固にしたのではないだろうか。
※この次の日の日曜、秋季ブロックリーグ最終戦は次回ブログなんである。この敗戦を吹き飛ばすような快進撃の試合であった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球ランキング

0 件のコメント: