2017年10月18日水曜日

小説「月に降る雨」あとがきのまえがき

※小説「月に雨降る」の最後まで読了されてない方は、このブログを読む前に小説のほうを読んでからここを読むことをお奨めします。
いわゆる「閲覧注意」、ネタバレが含まれますゆえ。

小説「月に雨降る」が脱稿したのだった。(脱稿とは原稿を書き終えること)
この素人小説の「あとがき」を書こうと以前のブログで宣言したは良いものの、はて、どこまで書けば良いのか素人ゆえに分からないんである。ネタバレの内容まで書いて良いものかどうか。普通の小説家は書かない。なぜなら、小説世界から一気に現実世界に引き戻されて、いわゆる「興ざめ」になってしまうから。

パソコンではネットで無料の原稿用紙ソフトを探しDLして書いた。400字詰め原稿用紙、もちろん縦書きである。SNSでは横書きが当たり前だけれど、小説を書くならば絶対縦書きでないとダメなんである。パソコンで原稿用紙に縦書きで書いてのちに、テキストファイルソフトに横書きでペーストし、更にそれをブログ投稿画面でペーストするという、信じられない手間をかけてアップしていたんであった。
400字詰で約300枚だった。

ゆくゆくは小説投稿サイトに掲載を考えているので、この文章を校正しなければならない。この校正作業は書いてしまってアップしてからの作業だから正確には校正とは言わないかも。小説を出版し書店に並んだあと「すんませーん、こことあそこ文章変えます。それにここも誤字脱字ありました」と言うようなものだ。この校正をするために筆者は文庫本と全く同じ体裁で出力したんである。A4サイズ縦書き縦43文字、横33行。これ一枚で文庫本の見開き2ページ分とほぼ同じ。概ね文庫本に換算して200ページ分。中編小説と長編のあいだくらいだろうか。
今は仕事の合間にこの用紙に赤ペンで校正チェックを入れているわけで。誤字脱字はほとんどないけれど、会話の言い回しや「テニヲハ」の間違い、削除するところ、書き加えるところetc、赤ペン満載なんであった。

で、「あとがき」を書く前に、自分の頭の中を整理する意味でも、今日改めて人物相関図なるものを手書きで作ってみた。普通は最初に作るのだろうけれど、筆者が相関図をメモ程度に作ったのは小説を半分近く書いてからだった。たぶんプロに言わせれば恐ろしい暴挙である。途中までは行き当たりばったり、筆が勝手に進むままに書いていたんである。「起承転結」や最後の落としどころも考えずに。途中からヤバいと気づきノートにあらすじを書き殴ってからMacのキーボードに向かうようになった。
というわけで、今回は「あとがき」の「まえがき」なんである。
「近い将来」と「さほど遠くない将来」の中間あたりで「あとがき」の本編を書く所存なんであった。
※図の鉛筆点線は登場人物が実際会っている関係性を示す。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: