2018年12月2日日曜日

脱稿で脱肛

前回書いたように、タイミング悪くこの期に及んでメッチャ忙しいんであった。明日月曜中に2物件の図面を描き上げねばならぬ。新宿のあるY社の社長室の建具図面と、沼津のK化粧品メーカーの詳細図。たまたま重なって忙しいだけで、ギャランティー的費用対効果は良くない訳で、「フリーランサーあるある」なんであるある。

更に毎年恒例のフレンズ成績表冊子の制作が絡んであっぷあっぷでアップするんである。この小冊子の数億倍大変な周年記念誌が来年と再来年控えているのだった。フレンズ40周年記念誌と宮前少年野球連盟30周年記念誌。先日連盟事務局長Satohさんからオファーがあった。今回は10年前と違いNishimuraプロフェッショナル鬼編集長が不在ゆえ実に心許(こころもと)ない訳で。フレンズも連盟も当時は真夜中まで連日制作に没頭したんであるが、あの頃は若かった。

さてフレンズ成績表冊子。土日も仕事だったのだけれど、今日中に入稿せねばネバダ。仕事の合間にちょこっとだけ西有馬へ行く。北部大会Bの決勝があったんである。なんと奇しくも新人戦と同じ対決、VSバーズ戦である。結果はバーズ主将エースのKaiを欠いての勝利となったらしい。バーズにしてみればいわゆるリベンジ成ったのだった。いよいよ来季は群雄割拠の様相を呈してきたわけである。

つむじ風のように一瞬だけ西有馬に顔を出してすぐ仕事に戻った。沼津の物件を夕方までこなした後、やっとフレンズ成績表の入稿。ネット注文のプリントパックである。専門のアプリケーションで作らないと発注出来ない印刷。WordやExcelでも入稿出来るけれどクオリティーは知れているわけで。一昨年まではExcelとイラレとフォトショを駆使してPDF入稿。昨年からはMacOSの関係でイラレが使えなくなり、代わりにフォトショと毎日使っている設計CADのVectorWorksで制作したのだった。
デスクトップにある「フレンズ2018冊子」のフォルダ。中身は実に1.6GBもある。

その中のひとつのフォルダを開くと、更に細分化される。

最終入稿のPDF原稿。個人情報が含まれてるし、内容が年末の「送る会」前に発覚しないように、あえて解像度を低くして掲載。画像をIKKO的「どんだけ〜」拡大してもギュンギュン加速度的にギザギザになるので、無駄な努力は無用である。

毎年作るわけだけれど、一年に一回なので制作手順を失念しちゃうこともある。来年のためにも備忘録として手順を手書きでメモ。実に複雑怪奇である。松本清張社会派推理小説よりは簡易だが、東野圭吾本格推理小説よりは複雑である。

本日プリントパックに発注しやっと脱稿。
おかげで脱肛しそうである。
大物をやっつけたけれど、しかしまだ終わらない。送る会まであと二つ仕事がある。6年生の写真立てと成績発表原稿制作があと2週間で作成せねばネバダ。

一昨日別のクライアントから電話があり、来年初頭までの仕事が舞い込んだ。あるオモチャメーカーBA...のショップの設計。
今年の年末も慌ただしくなりそうである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球ランキング

0 件のコメント: