2017年9月4日月曜日

1年後の証明「完結編」

宮前少年野球にとって春季大会と秋季大会は、ある意味特別なふたつの大会であると思う。春季は野球シーズン到来と全国へ繋がる大きな大会という意味で。そして秋季はもちろん上部大会へ行けるという意味もあるけれど、その年のそのチームの集大成であり、6年生にとっては少年野球生活の最後を飾る意義深いものであるからだ。

第一公園へ行くとジュニアの決勝をやっていた。有馬子ども会、アリコが優勝であったのだが、特筆は女子パワー炸裂なんであった。まれにピッチャーが女子ということはある。ごくまれにキャッチャーが女子ということもある。筆者の娘もBチームでは先発投手だった。しかし、バッテリー両方ともに女子というのは筆者は初めてである。(もっともQueensは全員が女子ではあるけれど)。素晴らしいことだ。「女子力」は「女子力」でもいわゆる流行語の「女子力」ではなく、本当の意味での「女子力」が発揮された試合であった。
しかもキャッチャーの子はランニング本塁打を放った。きっとアリコの将来を背負って立つ存在になるに違いない。
決勝戦であった。写真が多いので文章簡潔に。また、スコアブックはないので詳細部分で若干の誤記があるかもしれない。
鷺沼ヤングホークスVS向丘サンダースの強豪同士の対決。試合結果を踏まえ、またQ広報的にも3人の女子がいるヤング寄りの記載となることを断っておきたい。
先発はS、サウスポーYamaguchiくん、Yは5年生Tamuraくん。このTamuraくんが5年生ながらのちに偉業を成し遂げるのであった。準決から決勝となるとダブルヘッダー、先発投手をどうするか、何回まで引っ張るかは準決の難しいところだ。その意味でヤングの準決は観てないけれど、決勝は5年生投手を先発と聞いて、推して知るべしなんであった。準決を勝たねば決勝はないのだから。
0:0で迎えたY2回表の攻撃は圧巻であった。9番ユリッチことYurikoが先制のタイムリーを放つと、これを1番のAyakaがすかさず鮮やかな送りバントで次へバトンを渡す。そこからは長打爆発、Yの砲撃が始まり一気に5点先制したのだった。(※写真とイニング回数はリンクしてません)
ユリッチやAyakaのようなスリムビューティーを見ると想い起こすのは、水島新司漫画に出て来る女子の選手。どんだけスリムなんだろうと思う。一塁塁上でユリッチの笑顔が炸裂する。
たまらずタイムをかけるS監督、Takeshimaさん。
必死の攻撃で反撃を試みるも、なかなか点に結びつかないS。徐々に焦りが見え始めるか?筆者は相手がサンダースゆえに、壮絶な空中戦を予想したのだったが、前述5年生Tamuraくんの力投とYの堅守がそれを阻止したのだった。
ちょっと休憩。Yの応援にはOBのMochida家が来ていた。Meikaは写ってないが、HimariとHimari母の母娘(おやこ)の笑顔は、実に絵になるわけで。Kitamatsu夫妻と談笑する。
2回に5失点だったものの、その後はY打線に得点を許さず味方打線の起爆を待って、じっと我慢の投球で粘投するYamaguchiくん。滅多に撮れない写真。投手の指先からボールが離れる瞬間と、同じくバットからボールが離れる瞬間。バッターは副将Yamadaくん。相変わらずお見事な打撃であった。
連続セカンドゴロを華麗に捌いてチェンジにするユリッチ。ユリッチをユーリッチと書くと、なんだかチェコかルーマニアあたりの人名みたいになる。更にユー、リッチと書けば「あなた、お金持ちね」となっちゃうんである。ついでに言えば「ユーリ」と短縮表記すればYのKitamatsuイケメンオヤジに変化する。失礼しました(^-^)
戦況を見つめる連盟両巨頭、クラブ連合の監督、ヘッドでもあるMatsuiさんとOgasawaraさん。
バッドガールは「悪い女の子」だが、「バットガール」を務めるのは「人なつこく愛くるしい女の子」の5年生Kuu。攻守交代の際にマウンドのPプレートをブラッシングするのは超ベテラン審判Katsuさん。ヤングの三塁からのタッチアップをSのアピールプレーにてジャッジした結果、ほんの僅かな離塁の差を見極めていて、Sの主張を認めたアウトコールの場面もあった。
終盤、YはAyakaを投入する。スピードこそ男子には敵わないが、絶妙なコントロールが真骨頂。Sは最後に満を持してYamadaくんをマウンドに送る。
それでも尚もYは猛爆を開始したのであった。最終回表にほぼダメ押しと言える2点を追加し7:0と引き離す。
攻守交代の際Sベンチでは選手が「最後まで諦めないで、点をとるぞっ!」との声が大空に響き渡る。我がフレンズを顧みるに、大人に言われなくても子ども自らそんな声を出す子はいない。素晴らしい光景を目にしたのだった。
最終回Sの攻撃。ついにYamadaくんの長距離ミサイルが発射された。三塁打である。正に風雲急を告げ、第一公園球場に雷が落ちたのだった。(サンダースだけに。わかりますね)走者が溜まり窮地に立ったAyaka、Y軍団。SはMatsui監督時代から終盤の大逆転劇がお家芸のチーム。これが2,3点差だったらもしやの結果になっていたかもしれない。選手にかかるプレッシャーから失策を誘発し逆転負けもあり得るわけで。
ベンチからAyakaに檄が飛ぶ。「ランナー気にするな」「一個一個取っていけばいいから」「全部ストライクを投げ込め」と。つまり点差を考えよということ。1,2点取られてもどうってことない、それよりも丁寧にストライクを投げることだけに専念し、アウトカウントを積み上げろ、ということなんである。僅差ならいざ知らずこういう時に一番恐ろしいのは、安打で点を取られることよりも四球を出すことなんである。小学生選手諸君、ワカリマスネ?ベンチが伝えたいことは、そーゆーことなんである。
その思いに見事応えたAyakaは恐怖のサンダース打線を相手に無失点でスリーアウトを取り、ついに主審の「集合!」のコールを耳にしたのだった。
試合後Kurosuさんと話した。「5年生投手のTamuraが素晴らしかった」相手サンダースということもあり、試合前は「おまえら、伸び伸びと楽しく野球やってくれや。それで十分だから」と選手に声をかけていたんであった。いかに準決で精魂尽き果てたかを筆者はその時感じ取ったのであった。
更に29いぶし銀のIshikuraさんとも話した。「序盤のあの5点が利いたなあ」筆者は言下(げんか)に、「あれがなければ最後どうなっていたか分からない」という逆説的な思いを受け止めた次第である。
..........
さてこのあと閉会式なんであるが、これも写真枚数それなりにあるので、また寝るのが遅くなっちゃうから、次回に持ち越したい。それでなくともTSUTAYAで借りている映画2本は数週間封も切らずに棚の上でほこりをかぶっているんである。せっかくスカーレット・ヨハンセンの最新映画と、もう一度観たくなった数十年前の映画ケビン・コスナーの「追いつめられて」を観ようと思ったのにである。

もうしばらくは小説も映画もホコリをかぶったままになりそうなんであった。
それにしても冒頭に「今日は絶対文章短くして、サックリ終わらせるぞ」と誓うのにもかかわらず、写真を見ながら書いているうちに、毎度とっぷりと書き込んでしまう俺って、いったい...。意志薄弱で首尾一貫、徹頭徹尾が出来ずに竜頭蛇尾(りゅうとうだび)。そんな己を責めながら筆を置くのであった。
「画龍点睛(がりょうてんせい)を欠く」にならなければ良いが。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: