2018年7月16日月曜日

2018秋季大会開幕

ひたすら、とてつもなく、途方もなく眠いんである。ワールドカップロスとまでは言わないけれど、昨日W杯決勝を観終わったのが2:40。ちょっとガックリ来ちゃったのは言うまでもない。日曜夕方からはフレンズの県大会東京新聞旗出場決起会(壮行会)での酒宴となり、酔って帰宅後少し居眠りをして0時からのキックオフに備えたんである。月曜も連休ではあったけれど、眠い目をこすりこすり仕事なんであった。これが目じゃなく、アラジンの魔法のランプならば中から魔人が100人くらい出て来たに違いない。この1ヶ月間主なW杯の試合を深夜遅くまで観戦しちゃったわけで、自業自得、酒井高徳なんであった。それでなくても中年以降、昼メシ食ったあとはやたら眠くなるのが常で、この歳になっての夜更かしは自殺行為に等しいわけで。

さてそんなわけで、アラジンの魔人が出てこなかったので睡眠不足のまま日曜は宮前秋季大会開会式に臨んだのだった。秋季大会となれば最後の大きな大会ゆえに例年大盛り上がり大会開会式になるんであるが、如何せん今年はイーグルスが「たまなみ大会」決勝まで進み、また他のチームも夏季合宿などが絡んで4チームが不参加。フレンズも全国大会へ行った3年前は合宿は中止、てかやってる暇がなかったんであった。ちょっぴり寂しい開会式となったけれど、Nikonのファインダーの中でこんがり日焼けした野球少年少女の白い歯がこぼれる瞬間は、何にも代えがたく嬉しいものである。筆者も子供の頃は純真無垢で真っ黒に日焼けしてサッカーボールを追いかけ回し、笑えば真っ白な歯がそこにあったのに、オッサンとなった今はその面影は見る影もなく、長年のタバコ生活と不摂生で白い歯とは縁遠くなってしまったんである。

「晴耕雨読」BLOG恒例、開会式を一気に写真にて。




続いてジュニアの部。


そーなんである。開会式前にヤングのいぶし銀、鋭い舌鋒とアイロニーとツボにはまるジョークのIshikura監督と話したんであった。最近フレンズの有馬小が工事のためにグランドが思うように使えず、ヤングさんには合同練習などでお世話になっているんであった。昨年の秋季覇者はヤングでその前年の新人戦優勝から一年かけての優勝旗奪還だったことを思い出したのだった。
主将副将と共にQueensのユリッチとKuuが返還業務を担当。
本部ネット裏には会長Matsuiさんからの瑞々しい大粒のトマトの差し入れ。

選手宣誓は花フラのUreshinoくん。宣誓前にはUreshino母が実に嬉しそうに筆者に声を掛けてくれた。ちゃんと良い絵が取れたらしい。彼も主将らしくきっぱりと立派なスピーチであった。
「おしっ!間違えずにやり切ったぞ」とでも言わんばかりの真っ黒いドヤ顔が実に可愛いではないか。

おいおいマジっすか。またもやフレンズBが行進賞を獲得したのであった。ここ近年この快挙が連発しているのは嬉しい限り。主将RairenとKohnoshinが代表して前へ。Aはブルアロが受賞。

ハイ、恒例の丘の上のギャラリーをカシャカシャと活写。閉会の言葉は連盟副会長Ogasawaraさん。もうすぐ始まるRawringsの大会の宮前連合監督でもあり多忙を極める。

はい、今日はここまでなんである。
寝不足が解消されるまでしばらくかかるけれど、秋季大会ブロックリーグ(W杯風に言えばGLグループリーグ)の模様はまた後日順々粛々とアップ予定。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球ランキング

0 件のコメント: