2018年7月6日金曜日

W杯徒然草2

FIFAワールドカップは日本が決勝T敗退を機に、日本では一応の区切りをみたように思う。しかしまだこれからがベスト8の戦いが 待っているわけで。筆者も日本が敗退したことで、W杯熱が半減したことは正直に認めたいが、それでもやはり今後のW杯は楽しみなんである。小さい範囲で例えるなら、フレンズが大会トーナメント途中で敗退すれば、肩をがっくり落としてしまうけれど、勝ち抜いている他のチームが、まだ決勝に向けて頑張っている姿も見てみたいという感覚に近いかもしれない。「近い」というだけで、サッカーW杯の場合は圧倒的にそれを凌駕しちゃう魅力がある。
区切りがついたところで、ここまでのTV観戦を中心にいろんなW杯情報を見聞し、かつ検分した筆者の感覚的極私的感想を、箇条書き的に徒然草的、吉田兼好的に書いてしまうんである。4年後の備忘録の為にも。文中データに間違いがあるかもだけど、裏を取るのが面倒なのであらかじめ了承されたし。あっちのゲームとこっちのゲームのシーンが混在してるかも。また飽くまで個人的見解なので、そこんとこ4649なんである。

驚愕の初戦コロンビア戦。世界を驚かせた。沈滞ムードだった今大会が一気にヒートアップ。

驚異のセネガル戦。ここまでの二つの戦いで注目されたのは、大迫、乾、柴崎。特に大迫も「大迫半端ねえ」の高校サッカー時代のビデオは何回観ても楽しい。これをパロッた様々な動画も面白い。長友と吉田も相当に評価されているのも嬉しい。2戦ともいろんな意味で世界から注目を浴びる存在に。

喧々囂々、賛否両論の物議を醸したポーランド戦。細かいことは今更言うまいて。試合後ブログに書いたけれど、国内外から酷評された最後の締め方。筆者は書いた。この後の決勝Tでの結果次第では、マスコミは手のひら返すはずだと。結果論と言えばそれまでだが、その通りになったではないか。忸怩たる思いを抱えつつも、監督西野さんを擁護する選手たちのコメントが、その後の日本のマスコミの論調をも変えたように思う。チームがますます結束したに違いない。あの強気の本田でさえも「俺がもし監督だったとしてもこの勇気ある決断は出来なかったと思う」とコメントしている。この辺の筆者の思いは世界が発信する前に以前ブログに書いた。

HONDAジェットでロシアへ行く予定だったけれど、燃料代が捻出出来ずに結局TV観戦であった。
ここまで日本戦含めて他国の試合をリアルタイムでTV観戦したのは、えーっと...17試合。NHKBSで観た録画試合は2、リアルタイムの前半戦だけで寝てしまったのが2試合。
おかげで日中仕事中に睡魔に何度も襲われた。今でもそれは継続中。今年は仕事の依頼が途切れた頃に新しい物件が舞い込む嬉しいパターンが続き、日中も集中しないといけない。フレンズに行ける機会も複合的な理由でここ数ヶ月激減。マジで眠い時はきっかり30分だけと決め込んで、デスクに足を乗せて居眠りに没入しリフレッシュ。専門家に言わすと仕事を効率的にやるには「眠い時は思い切って睡眠を取る」本当はこれが一番いいらしい。ただ、仕事が暇な時もこれをやっちゃうのが自営業の良いところでもあり、悪いとところでもある。

いけねえ、箇条書きであった。長い文章は禁物。明日から新宿の屋外モニュメントの詳細図面を描かねばなんである。今週土日も仕事と所用でグランドには行けそうにない。フレンズと連合の練習試合もあるのだが。

閑話休題。もとい。
決勝Tに進んだ相手は優勝候補の一角ベルギーであった。世界的には悲観的観測が90%以上だったけれど、筆者は残りの10%の可能性、もしかしたらイケるんじゃないかと希望的観測を支持していたんである。とは言うものの、さすがに原口に続き乾のスーパーゴールで2点目を取った時は鳥肌が立った。「ウソだろ、マジかっ」
本気モードになって目の色変えて立て続けに反撃したベルギーはさすがだけれど、だから日本はやはり格下だったとは思わない。W杯では(特に今年は)下克上があるんである。どんな格下でも結果勝った方が一気に格上になる世界。日本は身体能力的にも個々の技術的にも海外トップクラスには劣るのは否めないが、それでも昔のJAPANに比べたら本当に上手くなったんである。昔はパスミス連発やパスやシュートの精度が低く、「これじゃあ世界には勝てんわい」と何度も思ったけれど、近年その差は本当に小さくなったと思う。これに加えて日本ならではのシステム構築とスカウティング分析、それを愚直にひたむきに実践する能力、いわゆる組織力が武器。今大会では見事にこれが功を奏したのだと思う。

それにしても惜しかったなあ。悔しいしあの時あの選手があーしてれば、こーしてればと「タラレバ」を思うのは筆者も含めて素人の証拠。いちファンならば誰しも思うことだ。
GK川島をこき下ろす国内外の誹謗中傷があったりもした。真正面のシュートをパンチングして失点した時は「ウソだろ、今のはキャッチングじゃんか」と我が目を疑った。一転別の試合ではスーパーセーブ連発で絶賛され名誉回復し、また次は猫の目が変わるように弾劾裁判。長年日本のサッカー界を牽引してきた年長の選手にも、一つの試合ワンプレーの失敗で非難轟々。それまでの功績は雲散霧消。それがいち観客の見方なのだろう。
でもこれまでのGLと先日のベルギー戦を機に一気に世界の見方が変わった。敗戦チームに対してこれだけリスペクトした例は数少ないに違いない。試合直後はボチボチだったが、時間が経つにつれてJAPANを称賛するニュースが世界を駆け巡った。これは数日、今でも続々ネット上に流れている。

それにしてもファウルなんである。ベルギー戦では互いにフェアな展開で素晴らしかった。イエローが日本に一枚のみ。対してGLでの韓国は如何なものか。1試合目からファウルの連続で、非難を浴びたにも関わらず、最後までその悪質なファウルはとどまることを知らない。笑っちゃうほどあからさまなファウルを連発。優勝最有力とまで謳われたドイツに勝って歴史的勝利するも、故意的なファウルは相当な数を記録。GLではファウル数イエローカード数も異常なほどで参加国ダントツの一位(パナマが一位だったかな?)。ドイツに勝ったことだけを称賛する韓国マスコミだったが、帰国後の空港での会見では選手たちは不甲斐ないGL敗退にめっちゃ緊張し、集まった客から選手へ何か生卵?かキャンディーを投げられた映像があるのを知ってるだろうか。思わずN大アメフト悪質タックル問題を想起したのは筆者だけではあるまい。強豪国には仕方なくファウルしてでも相手選手を止めると言う正常なセオリーをはるかに逸脱していた。これにも世界の配信は「大国ドイツには勝ったけれど、韓国はファウル大国のレッテルを貼られた」との論調が強い。他国の監督や選手などからもかなり問題視されたようだ。同じアジアとして情けないものである。だけどこれと正対照的に日本のフェアプレーが際立ったわけで。それがあのポーランド戦にいみじくも凝縮されている。サッカー好きのお笑い芸人が言っていた「フェアプレーで勝敗決定するなら日本は即、W杯優勝ですよ」と。一方でそんな甘いこと言ってるから、だから世界に勝てないのだと言うのも分かるけれど、時代はファウルで勝とうとする風潮ではないのは明らか。

また日本人サポーターが毎試合ゴミを集めて帰っていく姿がまた報道されて称賛されている。確かセネガルサポーターも真似していたはず。さらに昨日のニュースでは日本のロッカールームは毎回スタッフが綺麗に清掃していたのだが、決勝T敗退後のロッカールームも清掃したのち、ロシア語で「スパシーボ(ありがとう)」の走り書きのメモが残されていたとのこと。これに感銘を受けた球場のFIFAスタッフがSNSに投稿し拡散。また世界から称賛の嵐。ここ数年、日本では自国を褒め称えるTV番組が人気で、単純に嬉しいと思う反面、若干「日本人自惚れるなよ、こう言う時こそ自戒、自省することも忘れることなかれ」と自分に言い聞かせるように思っていたけれど、今大会W杯では試合内容も含めて、フェアで献身的な日本人と言う報道には素直に嬉しいのだった。

それにしても...。
うわあ、いけねえ、もうこんな時間、AM1:30。俳優ネイマールの演技力について書くつもりだってけれど、ヤバイ時間になった。ネイマールがファウルを受けて大げさに転んで痛がるシーンが、4試合で14分間もあったんだと。あれは恥ずかしい。1mm触れただけで傾斜角度45度の坂を転がり落ちるように大げさに転倒し、今にも外科手術を必要としているかのごとく痛がるのは、見ているこちらが恥ずかしいくらいだ。「インフルエンザの注射に外科手術の演技」と言ったのは母国ブラジルのOB大御所。彼でさえ批判しているんである。実にもったいない姿勢である。異常にファウルを受けた数が多いけれど、実際本当に痛いファウル数はかなり違ったものだろうと思う。あれだけの才能のあるスーパースターには本当に勿体ない態度である。何か信念があってのことなのか、単に若気の至りなのか。

それにしても...。
もうやめようっと。筆の勢い止まらずイケメン軍団と美女サポーターについて書こうと思ったけれど、流石にもう寝なきゃなんである。明日も仕事、深夜は準々決勝が始まるわけで。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球ランキング

0 件のコメント: