2018年10月7日日曜日

淘汰、明暗、悲喜こもごも

昨日の宮前スマイリーズ(Queens)に続き怒涛のブログ連載なんである。がしかし今日は第一公園球場での連合2チーム分のボリュームゆえ、写真掲載中心にて。例によって大迫ハンパねえ数の写真掲載となる。

第一試合は幸区VS麻生区。8:1で幸区。左腕対決であった。

第二試合は宮前ヤンキースVS多摩川クラブ。多摩川の監督Murataさんは、フレンズOBコーチInoueさんと職場が一緒の同僚とのこと。今大会多摩川クラブは優勝候補の一角を担う存在なんである。ヤンキース監督はフレンズからItohが指揮をとる。
Murata監督とMurata.Jrのシートノックツーショット。

初回先頭打者は野球大好き少女紅一点Rikoが、強烈な三塁線ゴロを放つも、サードの好守に阻まれる。Rikoの気迫のこもった打球は抜けたと思ったのだが、対するサードくんも素晴らしい守備であった。

その裏捕手Murataくんが滞空時間の長い、イキナリのツーランホームランを放ち2:0となる。

以下、粛々と写真にて。

シートノックを鑑みるに多摩区は全くミスなく、力の差は歴然と思われた通り、優勢に試合を展開していったのだった。中盤からマウンドはものすごい速球を放つようになったHaruto。連合に行ってグンと成長して母体チームに帰還する子は実に多い。毎年感じることである。

着実に加点する多摩に対し、宮前も終盤一矢報い1点をもぎ取る。

結果は残念ながら宮前の惨敗であった。連合という名の元に終結したヤンキースナインは花と散る。

第三試合は川崎VS高津。拮抗した好ゲーム、最後まで僅差の展開に終止符を打ったのは高津キッズ。劇的なサヨナラゲームだった。

第四試合は宮前スターズVS中原区。監督Abeさんの「思い切り野球を楽しもう」という揺るぎないコンセプトのもと、試合開始なんである。好守の子には頭ナデナデで迎える監督Abeちゃんであった。

強烈な打球に素晴らしいファインプレー。6年最後の秋は季節外れの暑い気温に負けず、熱い戦いが展開していった。

見事に決まった多摩のスクイズバント。

最後まで宮前ナインは頑張ったが力及ばず6:3のダブルスコアでゲームセット。
夕刻の挨拶をカメラに納めれば、まるで天国から光が射し今にも天使が舞い降りて来そうな絵になった。アニメ「フランダースの犬」のラストシーン的な。出来得ることならば天使ではなく、野球の神様が宮前に降りて来て欲しかったのだが、これが勝負の世界。

今日は川崎少年野球の淘汰された初日だった。宮前勢は神奈川王者白幡台Eが1:0の辛勝、富士見台Wは逆に1:2(2:3?)で惜しくも敗退し単独2チームが明暗を分けた。連合はクラブが快勝しクラブJrも勝ち残ったのだった。他の連合軍団はアベンジャーズ含め敗退。
明日も戦いは続くのである。

最後に台風の爪痕はこんなところにも。センター後方の樹木が根こそぎやられていたのだった。殺人現場の規制線よろしく立ち入り禁止に。第四公園の倉庫も然り。

さらに昨日から河川敷球場も使用不可となり急遽会場が遠方球場へ変更となった。筆者の山形の同窓会メンバー(田園都市沿線在住)からLINEに送られて来た台風一過後の当時の二子玉の写真。世田谷側は土手のふもとまで冠水しちゃっていたのだった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球ランキング

0 件のコメント: